大阪の霊園とその種類

大阪での霊園選び、さまざまな墓地、霊園がある中で、何を優先順位にして自分たちにあった場所を選ぶかは、悩ましいところですね。

どのような種類の霊園があるのかを知って、お墓参りしやすい場所に決めたいところです。

一般に、霊園には公営、民営、寺院墓地の3つの種類があります。

公営霊園は大阪府や大阪市などが管理運営をしているものです。

公営なので、永代使用料や管理費が比較的に安価であることがメリットです。

同時に、多くの人が使用したいと殺到すると、倍率が上がってなかなか使用がままならないケースもあります。

公営霊園は、区画に空きが出ると一般に募集がかかります。

公募が出るタイミングは自治体の公式サイトなどで確認できます。

応募に際しては、その自治体に住民票があることなど、細かい資格があるので、確認が必要になります。

公営霊園の大きな特長は、利用に際して宗旨・宗派を問わない点でしょう。

特定の宗教にこだわらないので、自由に墓石などを選ぶことができます。

郊外型の公園霊園では、大きな区画にゆったりとしたお墓を建墓できます。

また、一般企業が管理運営を行っているのではないので、将来経営が成り立たなくなるというようなリスクがないのも安心です。

民営霊園は、公益法人や宗教法人が管理運営しています。

大型の公園霊園、比較的小規模の都市型霊園など、スタイルはさまざまです。

経営者の意向で、趣向を凝らした霊園造りになってることも多く、西鶴が運営するハピネスパークのような欧風デザインの霊園も新しい形の一つといえるでしょう。

墓地以外の施設の充実度が高く付加価値の高い霊園、また、宗旨・宗派を問わないところもあります。

遺骨がない人が生前に買い求めることができるところもあります。

寺院墓地は大阪の寺院が管理運営を行う霊園です。

檀家、門徒といったその宗旨・宗派を信仰し、葬儀や法事を菩提寺で行うことが絶対条件になっています。

寺院に対しては、檀家としての義務を果たす必要があります。